忘れられた日本人



論文

・先生に進捗報告をしたところ、10日までに論文をひとまず書きあげろとのこと。無理ですけど、やれるところまでやってみます。
・10日に間に合う可能性がないわけではない。間違いなく完成はしないけど、形にはできるかもしれない。思いのほか進みがいいのだ。
・論文の掲載が決定した。残る修了要件は博士論文だけだ。
[PR]
# by hikoiti050125 | 2009-07-06 18:37 | 研究

お買いもの

・期日前投票とやらをする。
・奥さんと銀座でお買いもの。自分の服を買う。一日中歩き回ったのでくたくたになった。風邪も治りきってないみたいだし。でも、奥さんも服を買えたみたいだし、まあ良かったんじゃないだろうか。
[PR]
# by hikoiti050125 | 2009-07-05 12:45 | 日記

論文

・思いのほか論文が進む。この調子で頑張るぞ。
・英会話から気持ちが離れつつある。もう一度気持ちを入れなおそう。
・夜は一人でラピュタを見る。ワインを飲んでたらべろんべろんに。このころの宮崎駿作品はストーリーの繋がりが美しい。そして、エンディングの締まらなさもまたいい。
[PR]
# by hikoiti050125 | 2009-07-04 12:37 | 研究

論文

・先生からメールが届く、月曜日に先生に会いに行こう
・あと、一週間で論文の構成とある程度の文章を書きあげる。
・先行研究は読まなかった
[PR]
# by hikoiti050125 | 2009-07-03 12:23 | 研究

プロとプロ

・久しぶりに大学に行く。先行研究をダウンロードしなければならないからだ。
・「プロとアマの差よりも、プロとプロの差のほうが大きい」とイチローは言った。日々実感。プロになるだけでも大変なのに、プロになってからの競争の方がずっと激しい。
[PR]
# by hikoiti050125 | 2009-07-02 20:30 | 研究

まだ風邪

・珍しいことに、未だに風邪が治らない。今日も大学に行かず。明日は絶対行きたいからね
・家でも、研究ができるというのが僕の分野の強みですね。自分に負けなければどこでも研究はできます。
・Chou、Liu、&Hammitt(2003) "National Health Insurance and precautionary saving: evidence from Taiwan", JPubE. 1995年に台湾で導入された国民皆保険制度が家計の貯蓄に与えた影響を分析。最も貯蓄額が少ないグループの貯蓄が8.6~13.7%減少したんだとか。疑問点は数多くありますが、とても参考になる研究。
[PR]
# by hikoiti050125 | 2009-07-01 12:56 | 研究

風邪

・熱が下がらないので、家で勉強することに。
・目標は3日までに半分完成させる
・Somkotra&Lagrada(2008) "Payments for health care and its effect on catastrophe and impoverishment: Experience from the transition to Universal Coverage in Thailand", Social Science & Medicine.30バーツ制度の導入によって医療費の自己負担分が少なくなったため、医療費支払いを原因とする家計のfinancial catastropheや貧困化が減少した(らしい)
[PR]
# by hikoiti050125 | 2009-06-30 10:54 | 研究

お見舞い

・母親がひざの手術をするとかで、嫁とお見舞いにいった。人間はこうやって年をとっていくのだなと実感した。
・嫁の体調が悪化したので、家の近くのクリニックに行く。ついでに僕も受診。ちょっと熱があった。のどは真赤だと。そりゃ痛いわけです。薬をもらう。結果嫁よりも体調が悪い気がしてきたから不思議。病は気からってことだろう
[PR]
# by hikoiti050125 | 2009-06-29 07:36 | 日記

のどが痛い

・なんだかのどが痛い。風邪をうつされたのだろう。風邪薬を買いに行く。嫁もなんだか体調が悪そうだ。季節の変わり目ってことだろうか。
・研究はしていない。
[PR]
# by hikoiti050125 | 2009-06-28 07:32 | 日記

日記

・前日もしくは前々日を振り返りながら日記をつけると気付くことが多い。一番面白いと感じるのは、過去の時間間隔をつかめることだ。日記をつけなければ、昨日何をしていたのかなんて忘れてしまう。もちろん研究のメモはある程度付けているつもりだけど、その日にしたことをまとめたりはしない。それは必要のないことだと思っていたけれど、意外に重要なことなのではないだろうか。いつくかの理由がある。
・第一に、仕事の進捗状況・速度を把握することができる。僕みたいな人間が研究をする場合、無限の体力や神がかり的な幸運がない限り、研究期間はとても長いものになる。例えば、半年かかる場合でも、半年間ずっとその研究だけにかかりきりになるわけはなく、様々なイベントがある。平たく言えば、自分がいつどこまで研究を進めたのか瞬時に思い出せなくなるのだ。日記を付けていれば、研究の全体像と今の仕事のブレを少なくできる。
・第二に、将来の予測をしやすくなる。過去の研究のスピードを把握できれば、今後の研究のスピードを予測しやすくなるため、より実現可能な予定をたてやすくなる。つまり、過去の時間間隔が、未来の時間間隔を作ってくれる。そんな気がするのだ。
・だから僕は今日もメモをつける
[PR]
# by hikoiti050125 | 2009-06-27 10:51 | 日記


-自己生産性分析編-
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31