忘れられた日本人



カテゴリ:日記( 108 )


読書

僕は漫画本を大量に持っている
古本屋に売ったりしないため、おそらく今まで出会った友人の誰よりも持っているだろう
20歳になる前に3000冊を超えた後はカウントしていないのでよくわからないが、
その後も購入しているので、現在はそれ以上持っているはずである。
彼女が内心呆れていることはよくわかっている。
言い訳をするわけではないが、マンガをよく読む人ほど本をよく読んでいる気がする
統計をとればそうなるはずである。

「二度読む価値のない本は、一度読む価値もない」という諺がある
二度読む価値のある本とはどんな本か
個人の趣味趣向に依存するだろうか

人生における時間は有限なので
一度読む価値もない本は間違いなくあると僕は思う
そのような本の読後感は決して悪くない場合が多い
マンガのように読みやすいのだ

二度読む価値のある本の条件はいくつかある
・読むこと自体に非常に強いストレスを感じる
・著者の哲学的思考によって書かれている
・読者の人生観・世界観に影響を与える
読む価値のある本とは
少なくともいま思いついたこれらの条件をすべて満たす必要があるように思う

僕には背表紙をみて読む価値のある本かどうか判断する能力はない
どのようにして見分けたらいいのか。
古典は間違いなく読む価値のある本だろう
それ以外は運に頼るしかないのではないか

2度読む価値のあるマンガは間違いなくある
手塚治虫にしかり
かつて週刊少年ジャンプに掲載されていたようなマンガにしかりである
僕はいつだって人生観に影響を与えるような名作を求めている
だから僕は運に任せて漫画本を買っているのだ
[PR]
by hikoiti050125 | 2008-06-20 11:28 | 日記

見えた山

・研究者として生きていくために自分に足りないものは何なのか?
 誰でもそれぞれの状況において同じような悩みを抱えていると思います。
 正直なところ、周りを見ても上を見ても下を見ても
 自分はほかの人よりも課題が山積みだと思えてなりません。
 まあ、それはいいんです。仕方ない。 
 「過去の因を知らんと欲せば 其の現在の果を見よ」
 ですから。
 でも、「未来の果を知らんと欲せば 其の現在の因を見よ」
 とも言えるわけですよね。 
 だから頑張ろうと自分に言い聞かせているわけです。

・とはいえ、がむしゃらに進もうとすればするほど
 越えなければならない山が次々に現れるので、
 具体的にどのような課題があるのかを整理しきれない状況に陥っていたのです。
 その状況がすべて解決したわけではありませんが、
 ある先輩のありがたい助言のおかげで、
 優先度の非常に高い課題が明らかになりました。
 過去の因を鑑みれば当たり前すぎるほどの問題なんですけどね。
 自分ではわからないものだなと。
 それをわかるようになるのも課題だなと思っています。

・正直に言って、先輩の話を聞いた後は自分の状況に愕然としました。
 まさにおっしゃる通りなわけですが、僕はこの先、生きていけないんじゃないでしょうか
 的な愕然です。
 ただ、不思議なもので、寝て起きるとやる気に満ちているんですよ。
 自分が見えてないというか、そうゆう馬鹿な部分だけは
 失くさないようにしていきたいと思います。
[PR]
by hikoiti050125 | 2008-06-13 09:30 | 日記

・自炊をしている、もしくはよく自分で料理をする人なんかは、
 知っていることかもしれませんが、
 塩って偉大ですね~。
 花の慶次で描写された、ねねと塩のくだりが思い出されてなりません。
 もちろん、素材の味も大切だろうけど、
 塩を振るだけで格段に美味しくなる場合も多いですよね。
 そりゃ、塩を給料にする時代もあるってもんですよ。

・最近では、ダウンタウンの松本のラジオでの問題発言が話題になってますけど、
 これって何が一番問題ってマスコミが報道することですよね。
 今回の件に関して、まっちゃんは全然悪くないにもかかわらず、あの騒ぎ。
 火のないところに煙は立たないといいますが、
 濡れてるところでも、煙を立てるのがマスコミなんですね。
 (マスコミってひとくくりにするのも乱暴ですけど。)
 だいたい、問題発言の部分だけをことさら強調する必要はまったくないのに、
 わざわざ文字に起こして、不愉快になる人を増やすような報道の仕方。
 ここだけ見れば、まさに百害あって一理なし。
 なぜ、こんな会社が市場から淘汰されないんでしょう。
 くっだらない週刊誌の発行部数はなぜあんなに多いんでしょう?
 お、これは面白い研究テーマになるんじゃないか?
 もし、このことに関して理由を知っている方、意見がある方がいたら
 コメントしていただけるとありがたいです。
[PR]
by hikoiti050125 | 2008-05-29 09:12 | 日記

塵も積もれば

・家計簿だったりダイエットだったりを始めてみて、
 強く感じるようになったのが、塵も積もれば山となる
 家計簿であれば、無駄な支出。
 ダイエットであれば、過剰に摂取するカロリー。
 記録して初めて分かるこの現実。
 頭のどこかでは気づいているつもりでも、実感はしてないんですよねぇ。
 数字ほど、厳しいものはない。そんな感じでしょうか。

・ちなみに最近僕がしているダイエット法は、
 コンビニダイエット。
 コンビニの商品には必ずカロリー表示がしてありますので、
 食べた物の合計カロリーを計算して、摂取カロリーが基礎代謝を下回るようにするというもの。
 僕の一日の基礎代謝がおよそ1700kcalなはずなので
 それを下回るようにすればいいんですね。
 頭を使うためには糖質は欠かせないので、脂質の少ない物を選ぶことになります。
 僕は、意識をしないとその棚の中で一番カロリーの高いものを手にとってしまうような
 高カロリーLoverなわけですが、
 低カロリーのものを選ぶようにしても、それほど無理をしている気分にはなりませんでした。
 そもそも、コンビニは味付けが濃いのでほとんど苦にならないんですね。
 たぶん。

・この方法の最大の弱点は、栄養が偏ることと飽きること。
 そして、それらを回避するために、お金がかかってしまうことです。
 で、家計簿をつけて愕然としたと。
 ということで、自炊を始めてみます。
 っていっても、超簡単な料理ですけどね。
 基本的には、鍋的なものになる気がします。

・「塵も積もれば、山となる」と家計簿等を通して感じたわけですが、
 当然、考えてしまうんですね、
 これが、貯金であれば、勉強であればと。
 そっちの方も塵も積もればと感じられるような挑戦と工夫をしてみたいと思います。
[PR]
by hikoiti050125 | 2008-05-21 10:23 | 日記

DVD

・YouTubeでは物足りなかったので結局DVDを借りてしまいました。
 短めの映像ばかり。
 『茄子 アンダルシアの夏』
 『茄子 スーツケースの渡り鳥』
 『双龍』
 の三本。

・茄子シリーズを見た理由は言うまでもなく、
 主人公の声を大泉洋がしているからです。
 二本目に至っては、水曜どうでしょうでおなじみの
 ディレクター二人も声優として登場している始末。
 僕は単純な男なので、それだけの理由で見てしまうんです。

・『双龍』はなんでも、僕の所属する大学の学生さんの作品らしいんですが、
 インディーズの大会かなんかに入選したために、 期間限定でレンタルしているんだとか。
 内容に関しては、粗は当然ありますが、
 むしろ素人でここまでできるものなのかと驚きの連続。
 大学に縁がある人は見てみるのもいいかもしれません。
[PR]
by hikoiti050125 | 2008-05-20 07:04 | 日記

クラシック

・最近、YouTubeでクラシックを聴いています。
 別に癒しを求めているわけではないんですが、
 何かが足りないのを埋めようとしているんでしょうか?
 CDやDVDを借りるためにTSUTAYAに行くほどではないので、YouTubeなんです。
 クラシック試聴音楽YouTubeってサイトが有名な曲をまとめていて、
 もっぱらここのリンク先の映像を見ています。
 備忘録じゃないけど、自分でも興味のある曲だけをあつめたブログを作ってみたくなりますね。

・「作曲家別 動画一覧」の下のほうから順番に見ているんですが、
 ラヴェルの曲はどれもいい。どの曲も一度は耳にしたことがあるんじゃないでしょうか。
 とりわけ『亡き王女のためのパヴァーヌ』は、引き込まれますね。
 リストの『愛の夢 第三番』なんかは、いろいろなピアニストの演奏している映像があるので、
 見比べたりなんかしても楽しいです。
 僕は「Arthur Rubinstein」の演奏が最も印象的でした。
 大御所らしいんで当然かもしれませんが。
 見比べに興味があるなら「RanRan」も見てみてください。
 演奏は巧いです。

・もしかしたら以前にも紹介したかもしれませんが、
 どうゆうわけか、僕はモーツァルトの『魔笛』にただならぬ興味があります。
 なので、このサイトではしょうかいされていない映像をいくつか紹介したいと思います。
 ・little boy (Robin Schlotz) sang Queen of the Night
 ・Sumi Jo - Mozart - Die Zauberflote - Der Holle Rache Kocht
 ・Sumi Jo - Audition with Karajan
 ↑この映像が興味を持つきっかけだったんですよねぇ

・クラッシックに興味がある方は既にご存知かもしれませんが、
 
f0050627_1281281.jpg

 この本は結構面白かったです。
 ここら辺の話に詳しい人からすれば、腹の立つような内容のようですが、
 むしろクラシックの導入としては、かなり敷居を低くしてくれるような本だと思います。
 
[PR]
by hikoiti050125 | 2008-05-14 01:31 | 日記

心機一転

・部屋の掃除をしてます。
 アレルギーがあるから、鼻炎にはなるわ、喘息はでるわで、
 いやになりそうですけど、
 部屋がきれいになると、不思議とパソコンの中も整理されるし、
 頭の中も整理されるような気がしますよね。
 僕は整理整頓が苦手なので、思い立ったときに掃除しないと、
 ずーっと散らかりっぱなしです。

・先週末の進捗状況報告ですが、
 沈没はしませんでしたが座礁しました。
 潮が満ちればなんとか、抜け出せるんじゃないかと思ってます。
 一応、凹んでます。

・今月の残りは、学会での発表の準備と発表する論文の仕上げに力を注ぎます。
 論文を論文雑誌に投稿するんですが、
 コレがなかなか大変な作業なんです。
 今は先生がいるから、僕はまったく大変じゃないんですが、
 先のことを考えると思いやられます。
 英語で論文を書くなんてできるのだろうか。
[PR]
by hikoiti050125 | 2008-05-13 01:02 | 日記

あと一年

あと一年で、大学院を修了したい。
そのためには、この1年で、ここ2年分位の成長をしなければならない。
僕の場合は、博士号を取得して、やっとプロの扉を開くことになるのだと思っている。

あるプロ野球選手が言っていた。
アマのトップとプロの下位との差よりも、プロ同士の中での差の方がはるかに大きいと。
それは、きっとスポーツの世界に限らないことだろう。

この一年の成長で身に付く力は、
プロの世界に飛び込んでいくときの武器になるはずだ。
手持ちの武器をしっかりと磨きあげなければならない。
足りない武器は仕入れなければならない。
どんな武器が必要なのか?
それはそれほど難しい問いではない。
目の前にある課題に全力で取り組むことによって手にはいるはずだ。

自分に勝つとの一念でこの一年を戦い抜く
[PR]
by hikoiti050125 | 2008-04-22 13:32 | 日記

NHK外国語講座(続)

4月1日にNHK外国語講座を英語以外に7ヶ国語やっていると言いましたが、
あれは、嘘をつくふりでした。
この一週間本当にやっています。
いつまで続けるかは、あまり考えずにやってみようと思っているんです。
工夫をすれば、不思議なもんで以外に時間は取られないんですよね。
やめればその分、研究の時間が増えるのかといえばそうでもないだろうと思うし。
とは言えまだ一週間しかやっていないので、どうなるか分かりませんが。

一応確認のために、どんな外国語講座を聞いているかというと英語以外に
ドイツ、ハングル、フランス、イタリア、スペイン、中国、ロシアの七つ。
残念ながらタイ語はありません。
数日しか聞いていないんですが、面白いことに気づきました。

①英語の発音はあいまい
  他のインド・ヨーロッパ諸語(フランス、イタリア、スペイン、ロシア、ドイツ)を学んでみると
  ・英語も、ラテン語の影響を受けた
  ・英語は他の言語と比べて表音文字なのに同じ文字が複数の発音を持つことが多い
  とゆうことが、よくわかります。
  ロマンス諸語(フランス語、イタリア語、スペイン語)なんかは
  いくつかルールはありますが、ほとんどローマ字読みなんですよ。
 
②英語の勉強がつまらないと感じていたのは、点数をとるための勉強だから。
  僕の場合はそうでした。
  英語以外の講座は当然基礎から初めているんですが、とにかく楽しい。
  少しくらい話せるようになったところで、なんの役にたつのかさっぱりわからないのに。
  楽しいんですね。
  それはきっと、毎日の講座を聞いている姿が絵的にうけるからではなく、
  あまり意味のないこととはいえ、能動的にチャレンジしているからだと思います。
  他の言語を勉強してみて、
  英語の勉強は中間・期末テストの点数をとるためだ、っていう感覚が
  頭のどこかに残っているんだなと気づいたわけです。
  もうちょっと、違った意識でいいのかなと。
  もちろん、英語を正しく読み・正しく書くスキルは必要なんですけどね。
  
③言語はつながってる。
  当たり前のことかもしれませんが、
  英語だったらフランス語、イタリア語、スペイン語、ロシア語、ドイツ語と、
  タイ語だったら中国語と、
  ハングルだったら日本語と共通部分が多いんだなと感じます。
  だから、いっぺんに勉強する方が実は効率的なんじゃねーかと、
  思ってしまったりしています。

一番気づけてよかったのは、困難そうなことも初めてみれば案外簡単なこともあるってことでしょうか。
次は、継続は力なりってことを気付きたいです
[PR]
by hikoiti050125 | 2008-04-05 13:47 | 日記

NHK外国語講座

新年度になり、NHK外国語講座の英語シリーズを始めました。
まだ二日目ですが、始めてみると結構楽しいんですよ。
ついでだと思い、英語シリーズの放送のあとに放送される中国語を聞いてみたら、
これがまた面白い。
そのあとのハングルも面白い。
ってことで、本屋に中国語とハングルのテキストを買いに行ったら、他にも沢山あるんですね。

4月はお金がないのに買ってしまいました。まいにちシリーズを全部。
そんなわけで、英語のコース以外に
ドイツ、ハングル、フランス、イタリア、スペイン、中国、ロシアの勉強も始めます。
いつまで続くのか。

とりあえず一年続いたらまた報告します。
来年の4月1日にね。
[PR]
by hikoiti050125 | 2008-04-01 20:17 | 日記


-自己生産性分析編-
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30