忘れられた日本人



ある日の父親と息子のメール

父親「昨日の朝日新聞の朝刊の社説読んだか?」


また、わけの分からんメールがきた。

息子「読んだけど、社説ってたいしたことないね。」


父親「どうして社説がたいしたことないのかな。君は専門語は少しは分かっているだろ
うが、何も知らない大衆にでも日本のODAの在り方がまずかったから改革が必要だ
。ここでよみとれるのは外交の秘密性のため、限られた人達で進められてきたか
らと、役所の縦割行政のなかで実際は有り得ない人道主義という歌い文句と突き
詰めると国益の追求という利権の争いの道具にされてはいけないことや実際は米
国のための財政負担をやっているだけではいわゆる羊頭狗肉になってしまう、と
いうことを、この短文のなかでよみとらせているんだよ。現実をおしえて」


最後の文章が途中で切れてるじゃん。
それに、なぜわざわざ、社説を要約してくれているのか。
しかも、一文がめちゃくちゃ長いし。本当に新聞社で働いてるのかよ。
面倒くさいなぁ

息子「なるほどいいたいことはわかった。社説って影響力あるの?」


父親「追加 君は世界の実態経済をどのくらいしっているの?」


途中で文章切れてるし、内容が全然つながってないんだから、追加も何もないだろ。
まぁ、いいけど。

息子「質問が抽象的過ぎてわからない。経済って何?」


父親「全ての新聞社の顔はウチでいう一面の一番下にある「○○の○」。社説はその新
聞社が様々な社会現象にたいしてその日一番主張したいことを論説的にいう屋台
骨みたいなものだ。少し辛口だがまともなのが、朝日。読売は利潤追求だいいち
。君には朝日と日経は必読してもらいたいな。記事は君に読み込んで行けば必然
的にえらべるようになるとおもう。ざんねんながら、現在の日本の新聞は全てと
言っても過言ではないくらい商業主義的であることはまちがいない。やはり、洪
水のように溢れるメディア情報を読み分ける読者の力量によるだろ」


朝日のまともじゃない社説を読んだことあるけどなぁ。
てゆーか、俺の質問の答えになってない。

息子「あのさ、さっきのメールもそうなんだけど、文章が途中で切れてるし、会話が飛びすぎ。」


父親「(経済は)君が今から本格的学ぶものだと思うよ。」


!?工エエェ(゜Д゜ ;)ェエエ工!?

息子「(それはそうかもしれないけど)質問の答えになってないよ。話の流れもおかしい。いいたいことはなんとなくわかるけど。」


父親「なんとなくでいいよ。そのうち、君なりに分かってくるとおもうよ。とにかく新
聞読んでよ。本も読んでよ。一流の研究所に行って質問してよ。語学マスターし
て海外にも行ってよ。シリコン・バレーにもいってよ。ナイアガラ、グランドキ
ャニオンなど大自然に抱かれてよ。人生観変わるとおもうよ。」



親父、グランドキャニオンはおろか、海外に行った事ないじゃん!!
まず、自分の人生観を変えて欲しい。
いいかげん、子供と会話できるようになってくれ。

俺も、周りに対してこんな会話をしているんだろうか。すごく、不安だ。
先生に言われた通り、本を読もう。

それにしても、この人と結婚した母親はすごいわ。
[PR]
by hikoiti050125 | 2006-02-20 09:10 | 日記
<< みくしぃ No pain, no gain. >>


-自己生産性分析編-
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30