忘れられた日本人



クラシック

・最近、YouTubeでクラシックを聴いています。
 別に癒しを求めているわけではないんですが、
 何かが足りないのを埋めようとしているんでしょうか?
 CDやDVDを借りるためにTSUTAYAに行くほどではないので、YouTubeなんです。
 クラシック試聴音楽YouTubeってサイトが有名な曲をまとめていて、
 もっぱらここのリンク先の映像を見ています。
 備忘録じゃないけど、自分でも興味のある曲だけをあつめたブログを作ってみたくなりますね。

・「作曲家別 動画一覧」の下のほうから順番に見ているんですが、
 ラヴェルの曲はどれもいい。どの曲も一度は耳にしたことがあるんじゃないでしょうか。
 とりわけ『亡き王女のためのパヴァーヌ』は、引き込まれますね。
 リストの『愛の夢 第三番』なんかは、いろいろなピアニストの演奏している映像があるので、
 見比べたりなんかしても楽しいです。
 僕は「Arthur Rubinstein」の演奏が最も印象的でした。
 大御所らしいんで当然かもしれませんが。
 見比べに興味があるなら「RanRan」も見てみてください。
 演奏は巧いです。

・もしかしたら以前にも紹介したかもしれませんが、
 どうゆうわけか、僕はモーツァルトの『魔笛』にただならぬ興味があります。
 なので、このサイトではしょうかいされていない映像をいくつか紹介したいと思います。
 ・little boy (Robin Schlotz) sang Queen of the Night
 ・Sumi Jo - Mozart - Die Zauberflote - Der Holle Rache Kocht
 ・Sumi Jo - Audition with Karajan
 ↑この映像が興味を持つきっかけだったんですよねぇ

・クラッシックに興味がある方は既にご存知かもしれませんが、
 
f0050627_1281281.jpg

 この本は結構面白かったです。
 ここら辺の話に詳しい人からすれば、腹の立つような内容のようですが、
 むしろクラシックの導入としては、かなり敷居を低くしてくれるような本だと思います。
 
[PR]
by hikoiti050125 | 2008-05-14 01:31 | 日記
<< DVD 心機一転 >>


-自己生産性分析編-
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31