忘れられた日本人



散らかす(⇒選ぶ⇒磨く)

今とりかかっている研究が試行錯誤状態もとい五里霧中状態になりつつあります。
予想外の分析結果が出てしまったのです。
どう解釈すればいいのか。
今後の作業としては、
①分析結果が導かれることになったありとあらゆる可能性を考える(仮説をたてる)
②仮説の検証に必要なデータを集め、統計的な検証を行う
という①②の繰り返しになります。
そして、この分析が今行っている研究の面白さを決める味付けになるのだと思います。

この味付けには、もちろん適切な香辛料(②)も必要なのですが、
なによりも、素材を活かすためにどんな味にするのか(①)というのがとても重要になってきます。
早い話がアイディアを出さなきゃいけないんですね
そんなときよく手に取るのが、以前も紹介した、『広告コピーってこう書くんだ!読本』
この本には広告コピーを書くためのコツが書かれています。

コピーの"書く"は、「散らかす→選ぶ→磨く」
 コピーの「書く」は次の3つのステップから成り立っている。
 ⅰ)コピーを書こうとしている商品から、できるだけ多くの切り口や視点を探し書き「散らかす」
 ⅱ)自分の好き嫌いではなく、受け手にとって本当に意味があるものを「選ぶ」
 ⅲ)選んだものをわかりやすく印象深いものにするために「磨く」
 だから、この3ステップの入口にある「散らかす」がなりよりも重要
 そして、はじめの目安はひとつの課題につき100本書く
 それも、一晩で。

ここまで読むとなんだか体育会系っぽく見えますが、
ちゃんと次の節で、一晩で100本コピーを書く方法について述べられています。
ここではその話は紹介しませんが、その方法についてわかりやすく、
しかも、それなら取り組んでみようと思える内容が書かれています。

ということで、僕も今夜は100個くらい仮説をたててみたいと思います。
昨夜から初めてまだ2個しかありませんが、
この本に書かれている内容を思い出してあと98個考えますよぉ

この本にはもちろん"書き散らかす"以外のことも書かれています。
そこで書かれていることも、研究と同じようなプロセスだと思うんですよねぇ
[PR]
by hikoiti050125 | 2008-03-29 19:42 | 日記
<< NHK外国語講座 Sleep inspires ... >>


-自己生産性分析編-
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31