忘れられた日本人



リジェクト

論文がリジェクトされました。
この二年間で何回目だろうか。

何回目か数えないとすぐに思い出せないけれど、
今の自分の実力で書いた初めての論文なわけで、
今までの論文(5年以上まえに考えたテーマとか)とは一味違うものだと思っていました。

投稿した先も、分野のトップジャーナルではあるわけですが、
分野自体が僕のいる社会科学のフロンティアからはやや遅れている印象なので、
そこまで厳しいコメントもこないだろうと、たかをくくっている感じでした。

でも、結果はリジェクト。
確かにコメントは厳しくなく余裕でディフェンスできると思える内容でした。
ただし、それは「基本に忠実に結果を報告してよ」という内容のもの。
要するにそんなコメントもらっちゃダメだったわけです。
大反省。人生、なめたらあかん

もう一つ学んだ重要なことは、論文を読んでもらってから投稿した方がいいということ。
こればっかりはどうしたらいいのかよくわかりませんが、
もしかしたら討論者付の学会発表で対応したり、共著したりすればいいのかもしれません。
ただ、僕の所属しているメインの学会は応募から発表までの期間が長すぎてブラッシュアップに使いにくいんだよなー
[PR]
by hikoiti050125 | 2016-08-16 14:18 | 研究
研究のためのお勉強 >>


-自己生産性分析編-
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31