忘れられた日本人



今日の美輪明宏信者数 14096人

昨日のブログに書いた「よい」の基準をなんとなく考えた一日

ぱらりぱらりと『論語』を見ていてふと思う。
「よい」の基準は哲学の中にあるんだと。
では、どんな哲学が、よい「よい」の基準を示しているのか。

カント、デカルト、ショーペンアウアー?
儒教、仏教、キリスト教、イスラム教?
それとも、自分で考えるものなのか?
真の答えは一つなのか?複数なのか?
それとも、存在しないのか?
考えててもわかんねーなぁ。

でも、
みんながみんな、真の「よい」にたどり着くわけではないと言うこと。
それはわかる。

ただ、なにかしらの「よい」の基準を持ってる友達は沢山いる。
それはそれで、その姿を素直に素敵と思えるのですが。。。。

もうすでに、子供ではない年なのだけれど、
もっと年をとったら、厳然とした独自の哲学を持ち
常に進歩し続ける、かっこいいオヤジになりたい。

そのために今、(勉強以外に)何をしたらいいのか。

考えてないで、がむしゃらにいろいろ頑張ればいいのかもなぁ。
案外それが、最善なのかも。


ところで、一応、僕も美輪明宏信者の一人ですが、
他の信者さんの会話を聞いていてびっくり。
ここに引用したいのだけれど、控えたほうがいいかしら?

信じることの素晴らしさと、
マスメディアの影響力の大きさに、ただ驚嘆するばかりです。

僕もオーラの泉でいろいろ話を聞いてもらいたいなぁ
ふんがふふ
[PR]
by hikoiti050125 | 2006-03-30 00:36 | 日記
<< 法則 僕が僕であるために >>


-自己生産性分析編-
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30